• HOME
  • 夫と離婚したい

モラハラ夫と離婚するには

西野恭子さん(33歳)は西野隆さん(35歳)と3年前に結婚し、1歳になる息子がいました。
しかし、結婚後まもなく、隆さんは恭子さんに対して暴言を吐くことが増え、「俺がお前を食わせてやっているんだ」「誰のおかげで生活できると思っているんだ」などといわれ、恭子さんは精神的に参ってしまっていました。隆さんの暴言は、お酒を飲むと特にひどくなり、そんな隆さんに耐えられず、恭子さんは子供を連れて家を出ました。別居後、隆さんに対して離婚したいと伝えましたが、隆さんはこれを拒否し、もし離婚するなら、結婚時に立替えた、恭子さんの借金数百万円を返せと要求してきました。恭子さんにはその借金を返すことができず、悩んだ結果、一度弁護士に相談することにしました。
 

解決への流れ

恭子さんから話を聞き、受任することになりました。恭子さんを悩ませていた、借金の立替については、事実関係について、恭子さん、隆さんの言い分に食い違いがあり、深く立ち入らないほうがお互いのメリットであることが分かりましたので、借金の返済については、「一切請求しない」という同意を取り付けることができました。
その他の条件をつめて、離婚協議書を公正証書にし、協議離婚を成立させることができました。

弁護士からのコメント

モラハラ夫の場合、妻と対等に話をしようとしないことが多いので、弁護士が代理人として入り、明確に離婚の意思を伝えたほうが離婚協議がスムーズに進む場合があります。
離婚の話し合いにおいて弁護士がつけば、モラハラ夫と会わずに離婚を進めることが可能ですので、精神的な負担は軽くなります。離婚は精神的に負担が多く、うつになってしまう方もいらっしゃいますので、早期に弁護士に相談されることをおすすめします。
 

 

※名前は仮名です。

離婚.png

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

大阪和音法律事務所の離婚・男女問題の解決事例

大阪和音法律事務所のご相談の流れ

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ


大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。

離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします


②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。

 

③不動産仲介会社のご紹介

離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。


④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。

 

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。