• HOME
  • DVについて

家庭内暴力(DV)について

家庭内暴力(DV,ドメスティックバイオレンス)とは、家族である夫や妻に対して振るわれる暴力(虐待)のことで、単に身体的暴行に限らず、性的な暴力やレイプ暴言やストーキング行為など精神的ストレスをかけることも含まれます。
また、婚姻関係にはない恋愛中のカップル間でも、同様の暴力(虐待)が行われることがあります。
 
家庭内暴力は、家族内という閉ざされた人間関係の中で行われるため、外部からは極めてわかりづらく、犯罪として発覚することも極めて少ないのです。
 
まずは専門家である弁護士やカウンセラーにご相談することをお勧めします。
 
暴力には以下の種類があります。どうぞ、ご参照ください。
 

家庭内暴力の種類

『暴力』には大きく分けて以下の5つの類型があります。
このうち、身体的虐待が行われている場合は、第三者が虐待に気付くことも比較的容易ですが、それ以外の虐待は、第三者が虐待の存在に気付くことは困難であり、
さらには、虐待を受けた本人でさえ、虐待を受けていると認識しない(認識できない)場合が多々あります。
 

身体的虐待

殴る・蹴る・突き飛ばす・押さえつける・熱湯や水をかける・部屋に閉じ込める・タバコの火を押し付ける・唾を吐きかけるなどの一方的な暴力行為です。
 

精神的虐待

日常的に罵る、無視する、行動を監視する、子供や身内を殺すなどと脅す、ペットを虐待して見せるなど、相手にストレスとなる行為を繰り返し行うことをいいます。
別れるなら死ぬという狂言自殺も含まれます。
 

性的虐待

相手の気持ちを無視した、性的な侵害行為のことです。
性交の強要や避妊をさせない、異常な嫉妬をするなど一方的に行為を行うことです。
 

経済的暴力

生活費を渡さない、買い物の決定権を与えない、仕事をやめさせる、家のお金を持ち出す、お酒やギャンブル、女性に生活費をつぎ込むなどがあります。
 

社会的隔離

実家や友人から隔離する、電話やメールの発信者や内容を執拗に知りたかる、外出を防止するなど、社会から隔離しようとする行為のことです。

 
なかには自分自身が家庭内暴力を受けていると気がつかないケースもあります。
もしかしたらと少しでも思ったら、まずはご相談ください。

なぜ家庭内暴力は起こるのか?

家庭内暴力(以下:DV)には、一定のサイクルがあります。
蓄積期、爆発期、安定期の三つの構成期間を循環していきます。
その循環も徐々に早くなりエスカレートしていくようになります。
以下がDVのサイクルです。
  

DVのサイクル1 蓄積期

内面にストレスを蓄積している期間です。
女性を自分の思い通りにしたい、支配下におきたいという願望が満たされないことに対してストレスを溜めます。
優しかった安定期の後に些細なことで起こるようになったり、神経質になってきたりします。
 

DVのサイクル2 爆発期

溜め込んだストレスが限界に達し、突然暴力を振るい始める時期です。
暴力の衝動を抑えることができなくなっており非常に危険な状態です。
女性の態度や行動が自分の思い通りにならないストレスを発散しており、暴力を駆使して女性を自分の思い通りに行動するように強要してきます。
そして、これからも自分の思い通りにコントロールしやすいようにと恐怖心や無力感を植えつけようとするのです。
 

DVのサイクル3 安定期

暴力を振るうことによりストレスが発散され、比較的精神状態が安定している期間です。
ストレスが発散された事により、急にプレゼントを買ってきたり「もう二度と暴力は振るわないから」などと優しいことばをかけてきます。
そして次の暴力に向かってストレスを溜め込んでいく蓄積期に移行していきます。
 
このように、蓄積期、爆発期、安定期を繰り返し続けるのです。
 
常に暴力を振るうわけではないのは、このメカニズムからです。

相手に優しい時期と暴力的な時期があり、DVに該当するのかどうか迷われるときは、専門家に一度ご相談ください。
当事務所においても、カウンセラー等をご紹介することも可能です。
 

DV被害者の心理

DV被害を受けている多くの女性は、安定期にある男性を本来の「彼」だと思っています。
そのため、暴力を振るわれている最中は恐怖を感じているものの、「これは本来の彼ではない。今が異常なだけであって、本来は優しい人なの」と思ってしまいがちです。 また、暴力を振るわれることへの恐怖や、逃げることの出来ない状態により、「私が耐えればいい」「どうやっても無理だ」という無力感に囚われ、暴力から解放されることを諦めるようになってしまいます。
 
結果として、負のサイクルに陥ってしまうのです。
 
一人で悩まずに、まずご相談してください。一人で解決できないこともあるのです。
 

暴力を受けていないが、精神的暴力・ことばの嫌がらせを受けているかたはこちらのページもご参考ください。

モラルハラスメント・・・実際に暴力を振るうドメスティックバイオレンス(DV)とは違い、モラルハラスメントは言葉や行動、態度によって相手に精神的苦痛を与えます。

 

モラルハラスメント・DV
ご予約の際に、「モラルハラスメント(モラハラ)の相談がしたい」、「DV(家庭内暴力・ドメスティックバイオレンス)の相談がいしたい」とお申し付けください。
離婚.png

06-6940-4704│離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

大阪和音法律事務所の離婚・男女問題の解決事例

大阪和音法律事務所のご相談の流れ

大阪和音法律事務所についてはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

相談の流れ

アクセスマップ

弁護士費用

お問い合せ


大阪和音法律事務所の特徴

①離婚事件の依頼を多く受ける法律事務所です。

「弁護士であれば、どんな法律問題でも対応できる」と思われている方が多いと思います。実際、弁護士になるためには、幅広い分野の勉強をしなければいけません。しかし、弁護士も医者と同じように、弁護士ごとに取り扱いの多い分野が異なります。当事務所は開業当初から離婚問題を多く取り扱っており、現在も取り扱う案件の多くが離婚に関するものです。

離婚問題をスムーズに解決するには、やはり様々なケースを経験してきた実績が必要です。当事務所の弁護士は、様々なケースを扱ってきています。そのノウハウを活かし、あなたにとってよりよい提案をします


②興信所のご紹介

配偶者の不倫・浮気調査に興信所が必要な場合は、信頼できる興信所をご紹介します。また、興信所を使わなくても、携帯メールや、日々の会話をボイスレコーダーで録音することで、不倫・浮気の証拠として使える場合もあります。配偶者の不倫・浮気に対する慰謝料請求や、離婚をお考えの方はまずは弁護士にご相談ください。

 

③不動産仲介会社のご紹介

離婚の際に、不動産をどうするかという点が問題になることが多いです。自宅の不動産の処分や住宅ローンの処理などが必要な場合、信頼できる不動産会社を紹介することができます。


④複数の弁護士による相談・サポート対応

人数の多い事務所でも、実際には一人の弁護士だけで対応していることが多いのですが、当事務所は2人の弁護士で対応させていただきます。事件を依頼いただいた際も、2名体制でサポートさせていただきます。1名では他の事件で連絡が取りにくいこともありますが、2名体制ですと、連絡もつきやすく、よりよいサポートができます。

 

⑤土日祝日・夜間相談に対応

離婚の手続を自分で進める場合であっても、一度弁護士に相談し、弁護士から法的なアドバイスを受けた方がスムーズに解決できることが多いです。ただ、仕事をされている方や、お子様やご家族の関係で平日の昼間になかなか時間が取れないという方も多くいらっしゃると思いますそこで、当事務所は、どんな方でも相談にお越しいただきやすいように、休日・夜間の相談にも対応しております。弁護士に相談したいけど、平日昼間の相談がどうしても難しいという方は、お電話、メールでお問い合わせいただく際に、相談の曜日・時間帯についてもお気軽にご相談ください。